1. HOME
  2. 風俗体験記
  3. レズ向け風俗店の利用方法とは?

このサイトではオナネタに使える風俗情報デリヘルの体験談、アダルトサイト情報を提供しています。

レズ向け風俗店の利用方法とは?

レズビアン風俗の魅力

■レズ向け風俗は無店舗型がほとんど
風俗店は、基本的に女性が男性に向けてアダルトなサービスを行うお店です。 しかし、少数ですが、女性が女性に向けてサービスを行う風俗店も存在します。 レズビアン向けの風俗店です。 しかし、店舗の数が少ないゆえに、その利用方法などの情報が少ないのが現状。 使いたくても、使い方がわからないというレズビアンの方は多いかと思います。 レズ向け風俗店を使ってみたい!という女性のために、その利用方法をご紹介します。 風俗店の形態には、大きく分けて「店舗型」と「無店舗型」があります。 店舗型とはソープランドやピンクサロンのように、「実店舗を伴って営業しているお店」のこと。 対して無店舗型とは、指定されたホテルに女性をデリバリーするなど「実店舗を伴わないで営業しているお店」のことを指します。 いわゆるデリヘルのことです。 レズビアン向け風俗店のほとんどは、後者の無店舗型に属しています。 ですので、利用する際は男性向けのデリヘル同様、お店の電話番号に電話をかけて予約を取ることになります。

■電話をかけてからの流れ
お店に電話をかけてからの基本的な流れは以下、 指名の有無を伝える プレイ時間や開始時間を指定する コースやオプションを指定する というものになります。 指名がない場合は、コースやオプションのみの指定となります。 レズ向け風俗店では、「デートコース(女性同士がデートするコース)」や「レズビアンコース(通常のヘルスコース)」など、様々なコースがあります。 コースによって料金が異なったりしますので、よく確認してから自分に合ったものを選びましょう。 オプションに関しては、店舗によって指定できるものが異なりますが、ペニスバンドやムチなんかを置いてある場所が多いです。 必要に合わせて選択してください。

■利用時間や料金
時間ですが、基本的には男性向けデリヘル同様60分から利用できるお店がほとんどです。 しかし、ゆっくりイチャイチャしたいためか、レズビアン風俗では90~120分のコースを選ぶ女性が多くいます。 こちらも自分のプレイスタイルに合わせて時間を選ぶようにしましょう。 料金ですが、こちらも通常のデリヘル同様60分で1万6000~2万円弱くらいが相場となっています。 指名、コース、利用時間などを指定し終わった後、もしホテルにチェックインしていなければ、チェックインしたのちに再度お店に電話。 ホテル名と部屋番号を伝えます。女の子が到着した後は、プレイの前に利用料金を支払います。 女の子がお金を受け取ってから、プレイのスタートです。 このように、レズ向けの風俗店でも、利用方法は男性向けのデリヘルとほとんど変わりません。 難しい手続きも不要なので、興味のある女性は、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。